ケアプランセンター(居宅介護支援事業所)の管理者要件の見直しについて

2018年度介護報酬改定に伴い、居宅介護支援において管理者が「主任介護支援専門員」に限定されることになりました(官報平成18年1月30日号外第10号)。

居宅介護支援事業所における人材育成の取り組みを促進するという趣旨。

 

主任介護支援専門員になるには、一定の実務経験と研修が必要です。

現在ケアプランセンターを運営している事業所は、「介護支援専門員」を配置しているところも多いので、対応が必要になります。

 

ただし、経過措置として平成33年3月31日までの期間の猶予があります。